2018年10月8日月曜日

Python、画像作成、繰り返し(多数回)、余計なメモリ消費(メモリリーク)、Google Colaboratory

Google Colab 上の python で画像作成を繰り返した際に発生する、爆発的なメモリ消費への対応方法について書いておく。(python のコードの中身までは精査していない)

メモリ消費量の爆発的増加


Google Colaboratory の python 3 で約4万枚の画像作成を実行したところ、ある時点で「メモリ消費量過大でシステムがクラッシュします。ランタイム(~プログラムの実行?)を停止して下さい。」という旨の表示が出て、その後停止してしまった。

メモリ消費量を測定すると、以下のように変化し、破綻していた。



2018年6月3日日曜日

本日オススメする白い粉

年をとって身体が疲れやすい、昔ほど動かない、というくたびれた研究者の皆さんにオススメなのが、この白い粉、

その名も無水クエン酸です。


掃除にもよく使われており、画像のような商品がドラッグストアで購入できます。

私は1日2g程度、オブラートに包んで飲んでます。(水が足りないと胃が焼けます)

クエン酸を含む梅干しなどはよく疲労回復に効くと聞きますが、無水クエン酸を飲み続けてジムで運動する際の実感は持久力の増大、「より身体が動く、動き続ける事ができる」です。

扱う重量が+10kgになるとかではありません。

ここ半年ほど、飲んだり飲まなかったりした時期があったのですが、明らかにパフォーマンスが違います。

朝の身体のだるさが違います。

動き続ける事ができます。

おそらくは飲んでる際のこういうプラスイメージよりも、飲まない期間に「身体がだるいなぁ」と実感する事になるでしょう。

リ◯Dやユ◯◯ルなどの飲料みたいに、身体が暑くなるとかガーッと来るとか、そういうのはありません。


ネタ元の記事はこちら、回復効果を実感できるクエン酸の飲み方(オカンアスリートの研究室)

こちらはマジなアスリートの記事なので、2時間前に飲めと書かれていますが、そんな事を気にしなくとも、1日1回飲むことをお勧めします。

オブラートやカプセルに入れて飲む事をお勧めします。

クエン酸と水の量を守る事をお勧めします。

「俺は信じねーよ」という方は、無水クエン酸を指先につけて舐めて下さい。

責任は持ちません。

2gというのは適当で、普通の小さじスプーンの3分の1程度目安です。

お腹が熱くなったら、さらに水を飲んで薄めて下さい。


前に記事で紹介した、ココナツオイルコーヒーもお勧めです。

2018年5月14日月曜日

【ニュース紹介】日本人、ロンドン、野村證券社員、CA監禁、禁固11年

このブログの主旨には合わないんだけど、日本ではニュースになってないみたいだから残しておく。





インサイダー取引大好きな野村證券はなんで潰れないんだろ?毎回不思議に思う。きんゆうちょうにたくさんのおかねをばらまいてるからかなー(棒読み)

「Takehiko Ogihara」さんをGOOGLEニュースで検索した画像はこちら。


特にこの人に恨みがある訳じゃないけど、日本のマスコミの「報道しない自由」にはほんとうんざり。

顔も名前も出てるから、周囲にもバレてる事は間違いない。

BBCもニュースを出してないのはなんでだろ?




なお、日本での客室乗務員の呼び名は、昔はスチュワーデスで今はキャビン・アテンダント、英国では air hostess との事。

日本では、「ホステス」というと高級クラブにいる女性を呼ぶ事が多いが、ここでは単に「飛行機上で対応する女性乗務員」の意味。

日本でのホスト、ホステスの意味はほんとに歪みすぎやで(´・ω・`)

ホステス、Wikipedia



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年5月2日水曜日

【記事紹介】避難所の女性トイレは男性の3倍必要~命を守る「スフィア基準」



本記事の動機は、上↑のツイートです。

避難所での生活について、設計運営の国際的な最低基準があるとは知りませんでした。